鎌女日誌

#式典 の投稿一覧

アイキャッチ画像

投稿日2022.09.29

#中学 #式典 #行事 #高校

文化祭開会式

今日の午後から文化祭に向けて、教室が各団体にあけ渡され、飾り付けなどが本格的に始まります。 本格的な準備を前に、今日は文化祭のオンライン開会式が行われました。文化祭がいよいよ明後日に迫り、初の文化祭を迎える中学1年生はウキウキした様子です。文化祭を取り仕切る高校2年生達は、各係や部活、特修にと大忙しです!

アイキャッチ画像

投稿日2022.04.08

#中学 #式典 #高校

始業式

始業式がオンライン形式で行われ、陸奥ホールでの式の様子を各クラスで視聴しました。 校長先生からは、昨年から進む教育課程の改訂について、知識獲得にとどまらず、身につけた知識を基盤に思考、判断し、新たな価値を生み出すことが重要であるというお話がありました。世界ではグローバル化が進み、AIなどの技術革新も日進月歩で進む一方、長期にわたる新型コロナ感染症や、ウクライナ情勢など、解決の難しい問題も山積しています。22世紀に向けて活躍していく生徒の皆さんは、様々な課題に対し、怯まず臆せず立ち向かっていけるよう、この新たな一年間、人生の基盤となるよう自ら学び、考え、有意義な一年間としてください。

アイキャッチ画像

投稿日2022.04.06

#式典 #高校

高校入学式

本日午後、大変良いお天気の中、鎌倉女学院高等学校入学式が行われました。 校長先生からは、在学中に成人である18歳を迎える新高1の皆に向けて、哲学者の小川仁志さんの著書に触れ、「成人」と「大人」とは何かについてのお話がありました。「成人」とは行為能力を得たものを指し、一定の年齢に達すれば誰でもなれるものであるのに対し、「大人」とは他者への配慮や怒りのコントロールができるなど精神的に成熟した者を指します。しかし人間とは時に未成熟であるもので、常に大人であることを意識することが必要です。高校での学びは知識を得ることだけが最終目的ではなく、社会の諸課題に対し自ら向き合い、新たな価値を作り出せる女性を目指すことです。広い意味で「大人」を目指し、たゆまず、臆せず様々なことに取り組む、実りある高校生活を送ってほしいとのことでした。

アイキャッチ画像

投稿日2022.04.06

#中学 #式典

中学入学式

本日午前、鎌倉女学院中学校の入学式が行われ、152名の新入生が鎌倉女学院中学校の新たな仲間となりました。お天気にも恵まれ、校門の桜の花びらが舞う、まさに「鎌女日和」の中での式でした。校長先生からは、今年の大河ドラマの舞台ともなっている鎌倉の歴史と、その中に創立された鎌倉女学院の建学の精神などについてのお話がありました。鎌倉女学院には「鎌倉学」という学びがあります。源実朝の 「宮柱 ふとしきたてて 万代に 今もさかえむ 鎌倉の里」 という歌のように、鎌倉時代から長い時を超え栄えてきたこの鎌倉で学ぶことで、まずは日本人としての足元を固め、高校では国際•環境学という学びを通し、異文化を理解し、世界の諸課題に向き合います。伝統を引き継ぎつつ、臆せずに世界に羽ばたく女性を目指して、これからの6年間を過ごしていってください。

アイキャッチ画像

投稿日2022.03.24

#中学 #式典 #行事

中学卒業式

本日、中学卒業式が執り行われ、中学3年生171名が義務教育過程を修了しました。 校長先生からは、俵万智さんの歌集『未来のサイズ』にちなんだお話がありました。中学3年生のみなさんも、3年前「制服は未来のサイズ…」で始まるこの歌のように、ブカブカの制服に未来への抱負を胸に入学してきたことと思います。目標を達成するのは難しいことではありますが、この3年間で気付かぬうちにできるようになったことも多いはず。鎌女での次の3年間にむけ、各自がそれぞれの未来のサイズを新たに描き、それを道標に、学業のみならず様々なことに積極的に向き合い、成長する3年間としてほしいとのことでした。 卒業生のみなさん、保護者の皆様、ご卒業おめでとうございます。

アイキャッチ画像

投稿日2022.03.24

#中学 #式典 #高校

終業式

本日終業式が行われました。感染症対策のため、今回も陸奥ホールからの中継を各教室で視聴しました。終業式では、校長先生のお話、各種コンクール受賞者の表彰、陸奥杯(校内英語スピーチ杯)受賞者、高校生地球環境論文賞入選者のスピーチが行われました。 校長先生からは、AIが大きく進歩する近年、私たちがどうあるべきか、『AIの時代を生きる: 未来をデザインする創造力と共感力』というはこだて未来大学の美馬教授の著書にちなんだお話がありました。私たちは意識せずとも共感力を身につけ、文化や考えが異なってもその共感力によって他者を排除せず、寄り添い、問題を解決してきました。コロナ禍では、様々な制限の中、より一層人と人との繋がりやこの共感力の重要性に気づかされました。読書は他の媒体に比べじっくりと疑問を感じ考えながら情報を得るという特性があり、共感力を高める一助となります。春休みに是非読書に取り組み、コロナ禍であっても、皆と共に学び共感できる日々に感謝して新年度を迎えましょう。

アイキャッチ画像

投稿日2021.04.07

#式典 #高校

高校生入学式

本日午後、高校生の入学式が行われ、165名の生徒が鎌倉女学院高等学校へと入学しました。校長先生からは大人になるとはどういうことか、というお話がありました。今年度の入学生は高校3年時に18歳を迎えると、民法の改正により成人を迎えることとなります。多くの権利を得るとともに、それに伴う責任を理解してほしい、若い世代として、社会を動かす原動力となるべく、主体的、積極的に高校での学びに取り組んでほしい、とのお話に、生徒たち自身2年後に成人という未来を思い浮かべたのか、熱心に聴き入っていました。 教室で担任の先生からピンクのバラを受け取った生徒達は、すっかり高校生らしく見えました。

アイキャッチ画像

投稿日2021.04.07

#中学 #式典

中学入学式

本日、鎌倉女学院中学校令和3年度入学式が行われました。 今年度は173名の中学1年生が本校に入学しました。校長先生から、鎌倉女学院創立や理念にまつわるお話をいただき、新入生たちも背筋を伸ばして真剣な表情で聴き入っていました。校舎の随所にあしらわれている薔薇のモチーフに込められた願いについてのお話もあり、日本と世界の架け橋になるような女性へと成長してほしいという願いとともに生徒一人一人に赤い薔薇の花が贈られました。